小さな子供と楽しむハワイ

小さな子供と楽しむハワイ

一昨年の二月に、生まれて初めてハワイを訪れました。一週間の家族旅行でした。難点だったのは、出発地が北陸地方だったことです。ハワイへの直行便はなく、他の空港まで飛行機を乗り継ぐか、電車などで移動するしかありませんでした。幸い、愛知県の中部国際空港から発着で、駐車場代が無料になるというキャンペーンの最中でしたので、北陸から愛知県まで自家用車で移動しました。電車やバスでは、家族分の荷物を持ち運ぶのも一苦労です。愛知県までドライブするつもりで、楽しむことにしました。ところが、中部国際空港についてからちょっとしたトラブルが発生したのです。旅行会社から、空港の駐車場代が無料になるクーポン券が同封されていなかったのです。すぐに代理店に電話しましたが、ファックスの受け取りにまず苦労しました。結局、空港内のコンビニのファックスにクーポンの写しを送ってもらうことで事なきを得ましたが、駐車場代も一週間分になると馬鹿になりません。
もうひとつハワイへの旅行で心配だったのは、小さい子供がいることでした。出発時間は日本時間では深夜になります。それまで子供が起きていられるのか、少し気をもんでいましたが、興奮して眠られない様子でした。さらに機内の長時間のフライトも、普段は見ることのできないアニメ番組をずっと見続けてしまい、かえって心配になるほどでした。結局、機内ではぐずって周囲の人に迷惑をかけることもなく、長時間の旅を終えることができました。
大人にとっては楽しいハワイ旅行でも、幼心にどううつるのか、が旅行前の心配事でした。しかし、それも杞憂だったようです。ショッピングセンターでは、子供の心をなだめるため、おもちゃを買い与えてやりました。普段なら、気前よく買ってあげることもないのにかかわらず。また、ホエールウォッチングの船に乗ったのも楽しかったようです。それまでは、あまり船に乗せたこともありませんでしたので、なおさらだったのかもしれません。
また、ハワイ観光用に運行されているトロリーバスに乗るのも楽しかったようです。ハワイ旅行中は、ホノルル郊外のショッピングセンターにも出かけましたが、なかなか帰りのバスがやってきません。するとそこに、ちょうどクレジットカード会社の利用者向けに運行されているトロリーバスが到着しました。このカードをバスの運転手に提示して、ホテルの近くまで戻ることができたということもありました。やはり子どもは、のどかなバスに大喜びでした。


ホーム RSS購読 サイトマップ